Cuisine

“kyoto to table”ゲストへ届ける “ きょう ” の一皿

結婚式のお料理は、おもてなしの想いと大事な演出の一つ。
厳選された地元産の旬の食材を、おふたりの感謝の気持ちとともにお届けします。
“ 京 ” が織りなす、記憶に残るお料理をお愉しみください。

Chef’s Message
シェフからのメッセージ

私たちがコンセプトに掲げる“ kyoto to table ”、それは地元・京都を感じていただくこと。
北山近郊の野菜や食材を用いて、日本の美しい四季と凛とした
“ 日本人の美意識 ” をお皿の中に表現することを目指しています。
特に自分が担うのは、おふたりがゲストに感謝を込めて振る舞う料理。
だからこそ身体に優しい料理であることに妥協せず、
特別な “ きょう ” にふさわしい、心が豊かになる料理をご提供します。

志賀 昇平

Facilityファシリティ

「人生で一番大切な日を彩るお食事だからこそ、特別なお箸を」 “ kyoto to table ”のこだわりは、お食事を愉しむお箸にまで行き渡ります。魅せる木材として古くから使われてきた北山杉で作られたお箸は、きめ細かい木肌と職人の手で一本一本丁寧に研磨していることから、口当たりが滑らかなところが特長です。「京都で生まれ育った食材を、京都の木で作られたお箸で愉しむ」そんな至福のひとときをお過ごしいただけます。

Farmer生産者

生産者の元へ実際に足を運び、色合い、かたち、大きさや熟し方までを学んだうえで選び抜いた京野菜を使用しています。そこに合わせるのは、素材の味を引き立てる京都の調味料。
同じ土地で生まれたものには絶妙な調和を織り成す組み合わせがある。365日休みなく愛情を注がれた食材だからこそ、その美味しさを最大限引き出すための調味料選びにも手を抜かない。
私たちは、生産者への敬意をもって料理に表現します。

Chefシェフのご紹介

Chef:志賀 昇平

1982 年生まれ。京都市左京区出身。京都市在住。
京都調理師専門学校を卒業後、わずか 2 年で市内レストランの料理長に就任。勉強のため訪れたローマで食べた魚介のラザニアの味が忘れられず、今でもプライベートで再現するほど。そんな忘れられない一皿を作りたいという想いを胸に、「旬の京都の食材を活かして、その日一日が幸せな気持ちになれるよう“最高の状態”に仕上げる」ことを信条に掲げる。また、食物アレルギーを持つ娘のため、「安心して食を楽しめるように」と料理の研究に日々励み、婚礼料理にも活かしている。卵や乳製品を使用していないデザートもこだわりのひとつだ。丁寧で誠実な人柄が、繊細な味付けや盛り付けに繋がり、特別な“きょう”にふさわしい一皿を提供する。

Sommelier:黒江 祐輔

1986年生まれ。京都市在住
大学在学中、飲料知識を学ぶために老舗バーにて修行を開始。料飲専任のバーテンダー・サービスマンとして、国内外のホテル・レストランに「一期一会」をテーマに従事。
接遇・酒類技術・知識の向上のため、コンペティションに多数挑戦し全国大会優勝の経験を得る。
「接遇・特別空間」をテーマにサービスマネージャーとして北山ル・アンジェ教会に従事。

受賞歴
ホテルバーテンダー協会主催国分カクテルコンペティション ベストテクニカル
東京都主催ホテルバーテンダー協会都知事杯 優勝
サントリーカクテルコンペティション部門賞
など

Q & Aお料理についてのよくあるご質問

Q.お子様用のお料理はありますか?
A.お子様用料理も(¥3,630〜)ご用意しております。
また、アレルギーの方に合わせたメニューもご用意いたしますので、ご安心くださいませ。
※上記料金には消費税、10%のサービス料が含まれています。